【AL-APOLLO レビュー】 くみたてLab TF10pro KAI #05

執筆者:tyabasira 様
使用機種:くみたてlab TF10-KAI(AK120II)
仕様:白灰MIX,2.5mm4極,MMCX

TF10KAI

◆レビュー
twitterを通してAL-APOLLOを知り、当時バランスケーブルに興味があったこともあり、嬉々として応募させていただきました。購入したものは第4ロット、MMCXプラグ、2.5mm4極、白/灰ミックスになります。
まず一聴して驚いたのは中高音の出方の違いでしょうか。くみたてlabさん付属ケーブル(14年9月購入黒ケーブルです、現在とは違う模様)では、ややザラついた高音、ハリと量感ある低音が特徴的な本機でしたが、APOLLOで聴くと、低音がやや大人しくなり(質が落ちたわけではありません)、
中高音のザラつきが取れ、滑らかに感じます。
ボーカルの伸びも上々で聴きやすく、自分の描いていた理想の音に1歩どころか、
2,3歩程近づいたように思います。
使用感ですが、ケースなどに丸めて保管している場合、ややクセがつきやすいです(くみたてlab付属ケーブルより硬めです)。ズボンのポケットに入れる場合、長さを指定していない場合はやや余り気味になるため、少しカールしたのが目立つかもしれません。
タッチノイズはほぼありません、また上記の特性のためか、耳掛けを繰り返しているといい塩梅にケーブルにクセがつき、ワイヤーが内包されたケーブルに慣れた方でも違和感なく耳掛け装着できると思います。

余談ですが、当初「R側に灰2本、L側に白2本で撚って欲しい」と注文させていただいたところ、「灰色ケーブルは白とは外径の大きさに僅かながら誤差があり、使用感に差が出る可能性がある」との回答を頂きました。灰色含むミックスを検討なさっている方は参考になれば幸いです。

◆管理人よりコメント
レビューありがとうございます。
くみたてLabさんやその他メーカーの純正ケーブルと比べた場合にはややクセがつきやすい傾向はあります。
PTFE皮膜でやや固めなためやはり気になる方がいらっしゃるかもしれません。
現在、ケーブルにほどよい弾力も持たせてクセを減らす手法での解決を図っているところです。

長さは純正で1.2mですがもう少し短くでも問題ないようでしたら長さ変更に対応していきます。
延長はより多くの方にケーブルをお届けするためにお受けしがたい状況ですが予めご了承くださいますよう
宜しくお願い申し上げます。

Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on Facebook
Pocket