【スピーカー入門】NX-E100 購入

IMG_4106スピーカー始めたかったので
購入してみました。

ここ最近、Twitterでお世話に成っているフォロワー様の

お宅にお邪魔してスピーカの視聴、ユニオンなどのイベントや祭などで
スピーカーの試聴などイヤホンやヘッドホンにはない良さや面白みを感じました。
凄く高級な環境ではありますがPS1(初期)で鳴らしたり、
4桁で買えるようなツイーターで音を変えたり…更にはスピーカーの配置や
スピーカーを置くのに使う金属片(インシュレータ)の配置の変更など
お金をかけないで音質を変えるような方法も数々あり奥の深さを感じました。
今までは家庭の事情を考慮してどこまで大丈夫か試そうともしませんでしたが
今回、好奇心のほうが勝り購入に至りましたw

ちなみに今回購入したスピーカーはYAMAHAのNX-E100という機種です。

IMG_4105

¥29,800円程度で売られていたスピーカーのようです。
キズは少々ありバスレフにも異常がありましたがなかなか状態が良く購入することにしました。
ちなみにバスレフ部分の異常は商品の品質の説明に記載されていなかったので
値切りしてみたら¥3,000円の値引きに成功しました。
個人輸入で思ったことをガツガツとメールでいう癖が役に立ちました。
いうだけ言ってみるものです。
問題のバスレフ部分ですがコチラ。

IMG_4110

片側だけ見事に死んでいました。最初はビロビロになってかろうじてついていたのですが
それを指摘して値切った時に何も言わず穴の部分の筒を抜き去りやがったようです、
…なんてことをしてくれるんですか、音変わっちゃいますのに;

しかし…

冒頭でも述べたとおりスピーカーは色々な要素で音を変えることが可能。
抜き去りやがったことで問題が生じましたが逆に上の写真の用にトイレットペーパーで
応急処置、音質の変化を楽しく体験できましたw
さすがにこのままじゃあ左右で音が違いますし問題がありますが
ダクトを購入して左右で音作りが出来るという楽しみが増えたわけです。
このダクト自体もトイレットペーパーの芯なら激安、ちゃんとしたものでも
1000円弱で変えるというほどの安値なので手軽に音質の変化を楽しめるわけです。
ダクトの長さでも音が変わるわけですのであまりお金をかけずに
音質の変化を楽しめるところはポタやヘッドホンなどではなかなか無いでしょうし
面白いポイントであると思います。他にも内部配線やネットワーク、吸音材関係や、
箱自体、ユニット…上げればキリがないですがたったの数千円でこういった
奥の深い世界に入門できたのはわたしとしては嬉しいところです。

愚痴を言ってしまったせいで話がそれてしまいましたが…
さて、今回入門するにあたってスピーカーだけでは音は鳴らせません。
当然プレイヤーが居るわけですがわたしにはそんなお金はなく。
貧乏な管理人はプレイヤーにノートパソコンを使うことにしました。PCオーディオですねw
そしてDACとプリメインは手持ちのヘッドホンアンプ…

IMG_4113
IMG_4112
IMG_4104

一番上の写真はIconでUSBからの入力、バナナでのSP接続となっております。
真ん中の写真はUSBアイソレータと自作のUSBケーブルです。ノイズ除去に効果的。
こちらもポータブルからの流用。あくまでも入門なので安く済ませる事を優先しました。
一番下が接続の模様となります。

ちなみにスピーカーの背面にケーブルをつけて接続という風になります。

IMG_4108
IMG_4109

バナナプラグ・RCAプラグ・ケーブルを直に挟んでプリメインアンプなどとの接続が可能となります。

さて、今回のスピーカー入門ですがスピーカー以外は元々持っていたものなので
3000円だけでの入門となりました…wアンプやDACなどが無くてもキットや中華系などで
安く揃えることはできますし1万円でできるのでは無いでしょうか…?
もちろん、ガチな高級構成となるともっとお金がかかってしまうでしょうけれども
スピーカーの色々なところをいじりながら音質の変化を安く、ゆっくり楽しんでいくと言うのも
面白いかと思います。
敷居の高いイメージもあるかもしれませんが、まず私は貧乏なので
貧乏なりの楽しみ方をゆっくりとして時々ブログのネタにもできたらなと考えていますw

Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on Facebook
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)