【Final Audio Design】PANDORA HOPE IV 発売

pandoraIVFinal Audio DesignからPANDORA HOPE IVが発売されます。


今回、ファイナルオーディオデザインが発売するヘッドホンは、PANDORA HOPE IVで同社が発売する
ヘッドホンとしては2台目となるモデルです。PANDORAシリーズの大きな特徴としては
Φ50mmのダイナミックドライバとBAドライバのハイブリッド方式で作られている点で、
前回の初のモデルとなるPANDORA HOPE VIも今までにない斬新な構造が話題となりました。

今回のPANDORA HOPE IVの特徴としましては…
・自社開発のΦ50mm ダイナミックドライバとBAドライバの2ドライバ構造
・最適な空間表現・低音を実現できるBAM構造の採用
・2ドライバ構造とBAM構造による相乗効果でハイレゾ音源の特徴を活かす音作りを実現
・空気圧バランスを整えるためのアルミ製のバックプレートを使用

また、HOPE VIと今回でるHOPE IVを比較しての特徴は以下のとおりになります。
・筐体の素材がABSのみになった(VIではステレンス+ABS)
・質量が軽くなった(480g→410g)
・軽量化に伴うパッドの変更、VIと比較して硬質なものに
・塗装はジボ塗装仕上からマット塗装仕上げに変更、不要な振動の抑制につながる
・低価格化(実売価格¥64,800→¥46,800)
・交換ケーブルのロック機構の部分の素材が金属からプラスチック風なものに変更

前回のモデルと比較して低価格化しているためか一部素材がグレードダウンしているようにも
感じられますが一方で重量が軽くなりそれに伴うパッドの調整がある点でも手を抜いている様子もなく、
ダイナミックドライバとBAドライバの独特な構造のヘッドホンに手を出しやすくなったという点では
良いと考えております。
個人的にはインピーダンスも低くハイレゾ音源にも対応との事でハイレゾ対応のプレイヤーで聞いてみたら
どのようなサウンドが楽しめるのかと言った点に興味があります。いずれにせよ、前回のVIよりは
価格や重さなど装着面で手を出しやすくなったと思いますので多くの方に楽しむチャンスが巡ってきたと
考えております。興味がありましたらぜひ、メーカーのサイトなどでチェックしてみてください。
また、final audio designのダイレクトショップではお友達紹介割引で全商品10%OFFとなります。
割引IDとして[airislog]はご利用になれますのでご購入の際に良ければぜひご利用下さいませ。
それでは、本日はこれにて。

ヤフオク! 2014年3月度 出品マスター ブロンズ

◆参考
http://final-audio-design.com/archives/2653

Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on Facebook
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Post Navigation