【Just Audio】 AHA-120を少し無茶言って注文してみた

abe55d92.jpgAHA-120を注文して見ました。
特別な注文を入れたので少しご紹介致します。
結構個人的などうでも良いことが書いてありますが
AHA-120のご購入を検討されている方がいらっしゃいましたら
その方は特に参考にしてください。


AHA-120といえばあまり話題にならないアンプかもしれません。
しかし私個人としてPMAやL3、
まぁ・・・一応fi.Q(機体により構成・音が違うので挙げにくいですがw)など
据え置きみたいな結構しっかりめの低音が出る大きめのアンプに
以前から興味がありました。
そしてAHA-120は…未視聴ですがその大きさと一部での評判の良さ、
そしてiQube系と密かに言われているその万能さ魅力を感じ注文することにしました。

今回注文するに辺り冒頭で述べたとおり特別な注文を致しました。
わたしはAlgoRhythm Soloを使っているために通常のiPodのラインアウトなどと
比べてゲインが高くなってしまう(Justin曰くiPodのLine outより6dBほど高いらしい)というような
不都合な症状が出てしまいます。
AHA-120のLow-gainでは6dBでの設定が通常最小となるとのことで
ゲインを下げろという注文は最初難色をしめされました。
しかしAlgoRhythm Soloを使うといったら妙に納得したような様子で
その特別な注文を受けていただけることになりました。

一応英語のメールを簡単に訳したものですが6dBより下げるとなると0dBになるようで、
その場合は音質の維持のために少し手を加える必要があるとのこと。
追加料金で£20(現在のレートで¥2,500程度)、そして少しの時間がかかる、
この2つの条件で同意致しました。(ここまでのお話で行けばゲインは Low:0dB,High:6dBとなる)
更に言いますと0dB/6dB/12dBの3段階のゲイン設定まで
同じ料金(追加料金£20のまま、ただし更に時間がかかる)でしてもらえることとなり
わたくし自身どうしてそこまでやるのかと驚きが隠せないと言った状態です。
日本の企業でしたらきっとそんなサービスはやっていないの一点張りで終わりだったでしょう。
もともとゲインを下げろというお話をしていただけなのにまさかの向こう側の驚きの提案、
他のブログでも応対が良いというお話を見かけたことがありましたが、
今回の件を受けてわたしも同じようなことを感じました。
そしてレスポンスもかなり良いためにこのような特別な注文があっても4通ほどのメールで
比較的短時間で簡単に注文が確定致しました。
ちなみにそんな注文をしたために納期が来月の29日になるとの事。
ゲイン三段階にしたり高音質の状態でで0dBを適用させるための改造があるとのことで
それを1ヶ月で完成させようなんて直接注文は悪くないななどと・・・w
(余談であるが今回はその設定でAHA-120を2台注文している。)

特別なリクエストについては…
“12dB/6dB/0dB setting” in AHA-120, thank you to produce.
と送れば多分作ってもらえるでしょう。今回の例があるのでw

と、言う訳でこれでアンプスパイラルが打ち止めに出来るのだろうか、
ひと月と納期が通常よりも長めになってしまいますが
Justinの素晴らしい対応に感謝しつつAHA-120の到着をのんびり待つとします。

Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on Facebook
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Post Navigation