【SONY】ポータブルヘッドホンアンプ+DAC複合機 PHA-1 発売

o0570042812157967842SONYよりHPA-1というポータブルヘッドホンアンプが
発売されることになりました。

開発者の声

ヘッドホンビジネスの盛り上がりからヘッドホンアンプへの市場性を
認識でき、社内や上層部で機運が高まったからこそ今回のアンプ開発が実現。
ソニーの名前に恥じぬように高い目標を定めてPHA-1の開発を行ったとのことです。
構成としては非常にシンプルな構成・余計な部品を使わない無駄を省く設計。
ピュアオーディオアンプの技術の凝縮の一言もあり
私的に強い期待感が湧き上がります。

DACチップにWM8740を使用しポータブル機器として高めの5Vで
S/N比の向上を図った模様。
ちなみにAlgorhythm Soloは3.7vの電源が使用されているため一つ差別化された点として
挙げられるかもしれません。
アナログ回路にLME49860、ヘッドホンアンプ回路にTPA6120を使用。

また基盤の6層の基盤で動作の安定性を図り、
35μmの銅箔パターンや外部のアルミケースで
内部・外部のノイズの耐性をもたせたようです。

USBでの使用は96kHz/24bitに対応。PCで発生したジッター(歪み)を
高精度なクロックで生成しなおしてジッターを低減するとの事。

詳しくは→http://www.sony.jp/headphone/special/park/products_pa/tech1.html

主な機能と付属品など

主な機能としてはiPodやPCなどで使えるDACと
アナログ入力を備えるアンプ部となります。
アンプの背面にはUSB-AのメスコネクタとUSBminiの2種類がありそちらから
デジタル入力を行います。
前面はLineout入力とヘッドフォンアウト、ラインアウトは無い設計となっている模様です。
ちなみにWALKMANはHPA-1がWM用にデジタル入力に対応していないので
アナログ入力での使用しかできないようになっています。
その他ボリューム部には誤って回ったりなどしないようカバーのようなものがついています。

付属品はiPod用USBケーブル、Walkman用ラインアウトケーブル、USBケーブル、
ステレオミニケーブル、バンドなどが付属されます。
販売は2012年10月10日で¥36,000程度で販売されます(既に予約は開始している)
HP-P1とも違いアンプ部にもこだわりがある印象。デジタル入力などしても
ラインアウトも無いのでDACとヘッドホンアンプの性能の一本勝負。
無駄を省き徹底的にシンプルにこだわった新製品でコンパクトに高音質を実現できるのか、
非常に興味深いところです。

Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on Facebook
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)