【VentureCraft】 Go DAP DD Socket1 音質レビュー

CIMG1893VentureCraftのGo DAP DD Socket1 OPA275の音質レビューです。

視聴環境

DSC00858

iPod Classic→Go DAP DD Socket1 OPA275→AHA-120→AD2000

レビュー

音の質感としてはウォームでもクールでもなくクセのないニュートラルな音が特徴です。
さすがにiPodのDACよりも音の歪み感は少なく細やかな音が出てきます。
SoloやHP-P1と比較しますと低音はウォームな印象はなくかといってHP-P1のようにそっけいないと
いうこともありません。モニターとも違いますがクセは少ないです。ただし、悪く言えばのっぺりという印象。
中域はカッチリとならずにある程度優しい感じがあります。ボーカルなども滑らかさがあり
ストリングスなども優雅な印象であります。ただ、奥行きが出にくく悪く言えば平面的・低音と合わさって
のっぺりした印象を受けます。XD-01なども使っていた経験もありそれを元に言えば
中域の透明感・奥行きに物足りなさを感じ音が潰れているようにも。
性能としては私からしたら普通、の一言で落ち着きます。値段を考えたらそれなりの性能といえると考えています。
その他、特徴が良くも悪くも特徴が中途半端。HP-P1のようにくっきりでもなくSoloのようにも立体感はない。
それを補うポイントとしては商品の売り出し文句にも使われているオペアンプの交換。
正直に最初はオペアンプの交換を売り出し文句に使うのも良い印象ではないものの音の変化はありますから
自分好みの色付けをある程度の範囲で行える点は良いと考えています。
ただし、ジャックの作りの悪さやプリントの上下の統一感の無さは相変わらず印象が悪いです。
OPAなどを変えて様々なバリエーションが出ていますがそちらでは改善されていればと思いますが…
こちらは後日確認して見ようかと思っています。
悪い所もありますがある程度安くiPod用のDACが入手できるようになった点、
OPA変更によるカスタマイズがある点、DAC/DDCでアンプが外部に必要であるものの
出力はラインアウト・光・同軸と豊富な選択肢をもたせている点では良い印象であります。
その他、DDを通してのiTunesなどとの同期やDDのバッテリーを使いiOS機器の充電も可能です。

あまり神経質ではなく手軽に音質と拡張性を求めたい方、簡単なカスタマイズを求める方には
良い一台ではないかと私は考えます。
個人的な話でいえばあまり合わない印象があったためDDは近々手放して新しい環境をまた
構築しようかと思います。うまくまとまるかは不明でありますがそのネタはまた後日に。
雑談も少々入ってしまいましたが本日の更新はこれにて。

Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on Facebook
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Post Navigation