今年も一年ありがとうございました

Noimage今年もありがとうございました。簡単に一年のまとめと
来年のことを述べていきます。


前回の記事より少し間が空いてしまいました。お久しぶりでございます。
2014年の春・夏ぐらいまで更新がやや遅くなるかと思われますが、
なるべく更新をするよう努めますので気軽にお付き合いいただけたら幸いです。

まずは私の感じた今年一年の感想であります。
今年はfiio X3・AK100の多数のバリエーション・AK120・DX50・HM-901・PCM-D100・ZX1、
fiio X5の発表など思い返せば新しいDAPの台頭が強く印象に残る一年だったと私は思います。
もちろん、今までもDAPは出ていなかったというわけではありませんが
ハイレゾ対応・DSD対応のものなどが出たり、デュアルスロットで大容量化に対応、
S/PDIFの出入力・USBDACを搭載したDAPが登場したりしました。DAPの多機能化が進み
多彩なポータブルオーディオのスタイルに 合わせたDAP選びがしやすくなったと感じております。
ハイレゾやDSDなどは対応しているものの音源のほうがまだ充実していないなどもあるかと思いますが、
DAPの変化に応じて下流の環境の製作や音源の方まで相乗効果で充実して
新しいポータブルオーディオのスタイルが広がればと思います。
ひとまず、そういった点から新しいDAPの台頭が強く残る一年でありました。

その点を踏まえつつ来年はDAPを一つ新調した上で新しい環境を一つ作り、
ポータブルオーディオからは抜けだそうかと思っております。2010年ぐらいに
HP-P1・Soloなど出てから自分にとっては良いDACは無いと悩み続けてきましたが
今年一年で某DACの改造によりほぼ解決しました。
ほぼ、現在のポータブルオーディオの音に満足しています。そのため、来年は機材のレビューを少々と
ケーブルの自作が中心の話題になります。相変わらずケーブルの自作をしており
制作環境の大きな変化、珍しい線材・はんだの入手などありますのでそのレビューをしながら
新たにケーブルを自作したい方に向けたアプローチをしたいと考えております。

話が変わりますが、当ブログはLivedoorに解説してから1年と半年程度経ちましたが
先日に10,0000アクセス(PV)達成しました。ここ最近は更新が滞っておりましたが、
日頃からのご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。2014年にケーブルを一本
放出しようかと思います。タイミングは気まぐれで何時頃になるかは不明ですが、
興味がありましたらぜひお楽しみということでお願いいたします。

ひとまず年内の更新はこれにてということでまた、来年もよろしくお願い致します。
今年も一年どうもありがとうございました。良いお年をお過ごし下さい。 

Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on Facebook
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)