AlgoRhythm Solo用に自作のDock to USBを数本作ったので聴き比べしてみた

a904b364.jpg秋のヘッドホン祭に向けての
ネタづくりの一貫としてDock to USBケーブルを
いろいろ作って見ましたw
今回4本ぐらいつくってみたので
簡単に聴き比べしてみようと思います!
※iPod Dock USBケーブルの詳しい作り方、
自作の仕方は→【詳しく見る】


今回作成したケーブルはこちら↓

f9d2558c.jpg

一番上の黒いケーブルはAlgoRhythm Soloの純正。
周知の通りですがHP-P1のケーブルと比べて激長で使いにくいですw
そして下の方にある4本が今回自作したDock to USBケーブルです。
左から順番に4N純銀線0.5mm、オーグライン0.4mm、
mogami2526、mogami2515となります。
今回は下の4本について簡単な雑感を。
なお、再生環境は、
iPod→AlgoRhythm Solo→自作コンデンサボックス(無色系の音を出すモノを使用、soloの直流をカットするため)
→トラペジウムα+GND強化(KTコン仕様、LME49990+BUF634)→JH13pro
となります。※写真だとFWが写り込んでいますが視聴はKTで行なっています。

■mogami2526

87bef02f.jpg

作成難易度:★☆☆☆☆(管理人の主観による。以下省略)
ケーブルは非常に取り回しがよく柔らかいです。
四つ編みで処理しましたが難なく編むことも出来ました。
柔らかい線であるためDockコネクタやUSBコネクタ等への負担も少ないと思います。
音は自然目で低音がやや締まります。中音も色鮮やかで全体的に自然。
値段も安く作りやすい、コスパも良いのでまず、初心者の方は
mogami2526での練習から始めると良いかもしれません。
Soloの純正ケーブルよりも解像度は高いため
初めての自作で完成した時の喜びは大きいと思います。

■オーグライン 0.4mm

4fba3fdc.jpg

作成難易度:★★☆☆☆
ケーブルは気持ち針金。ですけど柔らかいです。
四つ編みも簡単に出来ますw
mogami2526よりも細くUSBの端子へのハンダ付けは簡単です。
しかしその反面mogami2526よりもハンダが気持ち乗せにくい点で
作りにくさを感じるかもしれません。マルツのDockなどで作るとなると
多少難易度もあがりますし、他のケーブルより値段が高い(といっても千数百円w)ですので
mogami2526で一本作った後からにでもぜひw
音質は良くも悪くも銀線系。音場はやや広めで高音に特色があり。
キラキラ感(TF10のようなきらびやかさではなく自然なキラキラ感)があり
高音の拘る方にはおもしろい選択になるかもしれません。
ちなみにmogami2526よりも解像度は高めです。
音は細いわけではないですが高音に特色があるため、
そういった意味では多少個々で好みの問題が出てきてしまうかもしれません…
管理人はオーグライン好きですよw
■4N純銀線 0.5mm

07ae3835.jpg

作成難易度:★★☆☆☆
オーグラインよりも気持ち固めですが、
作成難易度はオーグラインとほぼ同じです。
マルツのDockコネクタで作ったのでちょっとハンダ付けしにくかった…w
ケーブルの出口の部分はスペースが開きすぎてるのでホットボンドでソフトに固定してます。
マルツのDockコネクタとハンダが乗りにくい線の組み合わせ、ホットボンドでの
引っ張り対策は大切かと思います。管理人製のは汚いですけど同じ黒のホットボンドで
固めればもう少し見た目がマシになると思います、そんなの買うのめんどくさいですけどw
さて、肝心の音ですが、オーグラインよりも高音は繊細目で上へとノビます。
そしてオーグラインよりも低音はリズミカルで元気。低音あっさり、高音が繊細でノビると言った構成なので
上品の中に地味にトゲがあると言った感じですwですが銀線らしさよく出ていて面白いです。
ちなみにオーグラインよりも安く7百円台。銀線で作ってみたいと思ったら
軽く手を出してみると良いかもです。
■mogami2515

4a666397.jpg

作成難易度:★★★★★
恐らくこのケーブルは自作するのは難しい。
太い、やや硬いと一度挫折したBELDENのケーブルよりも難しいなとw
BELDENはよりは柔らかいですけどそれでも硬い、何よりも太い
この太さが作成で一番のネックになりました。
Dock部分からホットボンドで慎重に固めながら作りましたけど
Dockコネクタが閉まらなかったりと苦戦。
ホットボンドで固めないとケーブルが太い&堅いでピン部分に負担がかかったりして
ピンが曲がる・折れる・ハンダが外れるなどといったことが起こるかも…
そしてUSBのハンダ付けでもケーブルの太さが災いして処理が難しめ。
少しでも雑な処理をするとUSBのカバーが閉じられない、はんだブリッジなども予想され
やはり慎重な作業が大切です。
ケーブルが太すぎてUSBのハンダ付け部分のカバーを被せるのが不可能であったため、
ハンダ付けのあとアロンアルファで絶縁してそのままコネクタの組み立てをしました。
完成したUSBコネクタへの透明カバーはケーブルが太すぎて被せられないため熱圧縮チューブなどで
覆ってあげるとGoodです。わたしは覆いませんでしたけどw
さてさて、難易度の説明でかなり文章を割いてしまいましたけど
肝心の音質ですが音場が広く音のバランスは良好。
mogami2526よりも音はほんの少し音は太いですがクセは少なくなっていると思います。
聴き疲れのしない中庸的な音で非常に好みにあいます。
ちなみに見た目がALOのケーブルっぽく見えるので気が向いたら
クライオ処理してみようかなと…正直都市伝説的な一面もあるかもしれませんが、
数千円あれば出来るとのことなので試しに…wそれはまた後日にでも。
と、いった感じでケーブルの雑感はこれにて終了です。
まだ、たかだか4本ということで経験は少なめ。
線材を探す日々が続きそうです。
次作成する時はBELDEN、金メッキOFC、T90、ビスパ線、オヤイデの投げ売りケーブル辺りでも狙って
つくろうかと思いますww
お祭りの前には多分作らないと思いますけど、
Dock to USBの自作を通してケーブルの知識を広げられればと思います。
では、本日はこれにて。

Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on Facebook
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. saruksni より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ずっと、しずのさん何を作ってるんだろうと?と思って見てきましたが、ようやく分かりましたw
    スゴすぎ!しずのさん!
    あれ?なんかアニメのタイトルみたいになったw

  2. しずの より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんはー!
    Twitterでも変なものを作っては
    写真うpってますけど上の記事にあるとおりですw
    四つ編みとかめっちゃ頑張りました><w
    ブログのタイトルもFate/zero風に
    頑張って見ましたよーΣd( ̄∀ ̄*
    折角秋アニメ始まってノリに乗ってきていたので
    ちょっと頑張って見ましたw

  3. Y.O. より:

    SECRET: 0
    PASS:
    再生環境で言及されているSoloの直流ですが、本当に漏れているのですか?

  4. しずの より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    私のSoloはeイヤで初期ロットのものを予約して入手したものですが18mV程度確認できました。
    個体差があるかなどについては他の方のSoloを測定したことが無いので謎でありますが、
    購入を考えていて気になるようでしたら店員の了承を得た上で
    お店の試聴機などで測定されると確実であるかと思います。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)