Algorhythm Solo(iMod)用 コンデンサボックス 作成前の材料選定とか

3b3403a3.jpg※12.03.23 記事の一部編集

Algorhythm Soloなどに使える
コンデンサボックスの材料を少し購入したり
もらってきたりなどしました。
今回は概要程度で軽い紹介をします。

【コンデンサボックス制作の記事】


Algorhythm Soloはマニアックなユーザーの方はご存知の通り、
iPodに内蔵されているDACを利用せず外付けのより高性能なDACで
デジタル→アナログと変換し音質を上げるという特殊な機材であります。
通常はWalkmanやCowon、その他もろもろのプレイヤではDAPに直挿し、
若しくはラインアウトなどという感じでタのアンプに繋ぐので安全性はあると思われます。
しかしSoloに関してはDCが出ているのにも関わらずカップリングコンデンサに当たるものは
存在せずDCが漏らしたまま(少なくともわたしのSoloがそのような状況で18mVほど計測できた)で
アンプにラインアウトとして接続することになり、最悪のケースで再生環境の故障といった
リスクを負う可能性が生じることも考えられます。
と、いうことで前々から唐突にも…そしてさり気なくさり気なくコンデンサボックスというワードが
でていましたがそろそろ作り方等も。
といってもiModのDockコネクタの作り方もあるので二番煎じ。
それをボックス化させるだけなので…ちなみにソケット式で作った
コンデンサボックス(基盤むき出し)がこちら。

8dd73cf5.jpg

構造ですがRとLはソケットでコンデンサを媒介につなぐと音が出る仕様に、
そしてGNDはそのままGND同士でつないであります。
構成としては非常にシンプルでコンデンサは直結させただけ。
そしてコンデンサを挿せば指すほど容量が増える…
コンデンサが並列でつながるような配線を施しました。
通常はこのような感じでコンデンサボックスが完成します。
しかし、ツイッターのとあるフォロワー様からコンデンサを直結させるだけではなく
抵抗を使って10KΩ程度でGNDに落とすと良いでしょうとのご意見を戴きましたので
その手法でコンデンサボックスを作って見ることにしました。
今回用意したのはDALEの22.2KΩの抵抗。

369c69e0.jpg

コレを2つ並列につないで合成抵抗を創ると10KΩになります。
抵抗の値の計算方法は下のURLを参考に
http://www.iccraft.com/parts/register/cal.html
そして今回用意したコンデンサは良くiMod dockで紹介されているような
BGやUTSJなどの電解コンデンサではなくフィルムコンデンサ。
ビタミンQという名前のオイルペーパーを使用したコンデンサや小型のフィルムコンなど。
容量は0.47μF。容量が少なすぎると低音が出ずにスカスカ、増やしすぎると低音がバコバコでて
妙な感じになるのでさじ加減が難しい所です。
この件について詳しく知りたい方はローパスフィルタ,ハイパスフィルタ,
もしくはスピーカーのネットワークなどが関連していると思われるので
そのあたりを調べると良いかもしれません。
ちなみに0.47μFで抵抗を10KΩで落とすと低音が少しスカスカ(35hzが切り捨て状態だとか)になり
高音にややクセが出てきました。
後日、Twitterにてアドバイスを戴きましたが
無極性の電解コンやフィルムコンを並列につないで10μFに増やすと良いでしょうとい
アドバイスを戴きました。
フィルムコンをパラるスペースがあるので
1μFのフィルムコン(良さ気なものを後日選定予定、今のところはWIMAあたり)を
R/Lで9コずつ増量しようかと思っています。
ということで概要は以上になります。
今回はまだコンデンサの焼きこみや選定でまだ作成には至っておりませんが、
箱入れをする時にまた写真付きで組み立て方を紹介致します。
ちなみにコンデンサはもう少し買い増しの予定があり
AMPOHMの銅箔オイルコン、ワックスペーパーのコンデンサ、
Jupiterのワックスペーパー(オレンジ色のやつか四角形のやつ)あたりを輸入して
作ってみようかと思っています。

Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on Facebook
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)