auneaudio0 S16 購入

Aune S16
Aune S16を購入しました。
メーカーページhttp://en.auneaudio.com/index.php?s=Home/Article/detail/id/83.html

概要

Ao lai er Technology有限公司は中国の武漢市に拠点を構える会社です。
主にHIFIオーディオ機器の製造を行っている会社でデジタルオーディオに強みがある会社です。
この会社が抱えるオーディオブランドの1つAune。研究開発技術者には国内外問わず工学の修士号・博士号を持つ技術者で構成し、
個人個人の高い技術力を基に完璧を追求する製品開発を行っております。
Aune B1につづいてS16を購入しました。

機能等

日本での使用においては家庭用電源が100vですので、
必ずメーカーに日本に対応するモデルを送るようにオーダーをしてください。

入力:USB・USB-OTG・AES/EBU・同軸・光
出力:RCA、XLR
384khz/32bit, DSD128に対応

雑感

B1を気に入って購入しましたが焼き込みなしの状態で音を聞くとハイよりで中域が遠く、
バランスを欠いた印象でした。ある程度エージングが落ち着くと雰囲気的にはB1のようになります。
全体を通して変な癖がありません。その上で味気なさのようなものも感じない、
充実感のある中音域で、高音も美音系です。くっきる出るようなものでもなく自然に全帯域がでる
イメージで環境を選ばずに扱いやすい印象があります。

内蔵アンプにおいても同じイメージですがおまけ程度に考えると良さそうです。
アンプに必要以上には力を入れている印象はなくメインはDAC機能にあります。

情報量もほどほどでバランスがよくそのままポン付けでも適当に使いやすいのですが、
低音の駆動力が弱くイマイチ締りにかける印象もあります。
ヒューズをFURUTECHのロジウムタイプに変えて焼きこむとある程度低音が硬質になり、
バランスが整います。が、化粧をしたようなイメージでよく聞こえる気はしますが、
よくよく聞くと根本からパワーを欠いた印象を抱いています。故に、おまけ程度にということです。
ですが、ヒューズ交換によりより音は明瞭になりますのでおすすめはできます。

ひとまず一ヶ月間焼き込みを入れてUSB入力でS16→HD-1Lでだいぶ音が落ち着いてきた印象です。
音のバランスが整い音に柔らかさも出てきました。強いキャラはないですが不満はなく聞けてありがたいものです。
とりあえず音響環境を作っていく分にはDACもあってアンプもあって音のバランスもよく扱いやすいです。
拡張性がある程度あり、内部アンプの駆動力に目を向けなければ安心して使えるDAC(アンプ)でしょう。

Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on Facebook
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)