Black Gateを使ってHA10miniを作ってみた 【簡単なレビュー】

4ecfb383.jpg新しいアンプが欲しくなったり、
ハンダを使って何かを作りたくなったりしたので
HA10miniの基板を購入し
アンプの作成をしました。
Black Gateとかもネタ的に面白そうなので
HA10miniに突っ込んで作成することにしました。
大雑把にBG仕様の10miniについて述べます。


さて、今回は部品の調達がめんどくさいので
ビスパで大まか部品を揃えました。基板などはビスパ、
部品はビスパの部品セット+ビスパのLED、ボリューム、マルツでスイッチの購入、
ラジデパの箱屋で箱購入。その他今回のメイン?ネタ?的役割のBGを格安(都内某所にてw)
以上となります。
作り方の写真とかは…取ろうかと思ったけどめんどくさい&トランジスタ以外特別特筆することが
なかったので省略。
まぁ、適当に参ります。

9df8c9fd.jpg

こちら、トランジスタの面実装の部分。
めんどくさいので先に全部ハンダ載せてしまいましたw
というかコテ汚い…ちゃんと綺麗にしましょう。
それはさて置き、ちゃんと作る方は一箇所だけ載せるのが
お利口さんだと私個人的には思っています。
とりあえず一箇所ハンダを事前に乗せトランジスタを素早く接着。
残りの2ヶ所はピンセットで上から押さえつけながらハンダで固定。
熱に弱いのでしっかりと熱を逃がしながらやったほうが良いと思います。
私はめんどくさくって放熱省略、一気にハンダ付けしてしまいましたが…w
…面白そうとかいう気分で購入したは良いですがなれるとめんどくさい。
地味に重要なポイントです。
見ての通り半田は汚いですwそのあたりは管理人の素人未満の
低スキルスキルなので呆れながら流していただければ幸いですw

584c7075.jpg

トランジスタなどの次は抵抗。
抵抗先につけてしまうとトランジスタのハンダ付けがしにくいため、
抵抗は後回しの方が良いと思います。
抵抗はパーツリスト見ればどこに何をつければいいか一目瞭然。
パーツリストを見れば工作に慣れない方でも問題なく作業できるかと思います。
抵抗も同じくめんどくさく放熱は省略して作ってしまいました…といっても
ほんのコンマ数秒から1秒弱程度で半田は終わりますがw
向きぐらいは揃えてあげると良いかもしれませんね。
さて、いろいろ省略してしまいますがコンデンサ以外はほぼ完成、
いよいよメインのBlack Gate。
今回購入したのはBlack GateのPK、4v耐圧 220μFです。
4vのものを何に使うんだと…思っていましたがちょうど10miniが
4vでも使えるのでラッキーでした。
ただ、HA10miniでは470μFのものを推奨しているため、
今回は5個ずつ、合計10個で1100μFになるように調整。

6122c32d.jpg

ひとまずこんな感じに。裏面は配線材などは使わずに
BGのリード線を利用して回路構成。(回路とか言う程でもないw
並列につないで作りました。

a9159dfa.jpg

基板を少し浮かすためにピンヘッダを加工したものをちょっと載せて見ましたw
適当に基板にBGの塊を載せてコンデンサのところに向けて線を引っ張ってあげます。

e32e849c.jpg
a6d3cf0e.jpg

もし同じような方法で作られる場合は電池の部分の基板に穴を開けて
ピンヘッダと銅箔、半田などで固定することも可能です。
ただ、穴を開ける祭は裏面を見て線のようなものが走っているところには傷を付けないように…
と、言うことでほぼ完成。

aa005485.jpg

部品類全て終わったら半固定抵抗の調整やら、
オフセットの測定やらといろいろありますが作者様のサイトを参考にされると
とても理解しやすいです。
ちなみに私の10miniのオフセットは10mV前後、半田づけが下手くそなこと露見w
AlgoRhythm Soloと組み合わせると25mV前後、コンデンサボックスを使用しないと
soloとの併用はしたくない状態…w10miniはDCまでも増幅するとか作者様のサイトに
書かれていましたがそれも知らずに人の10mini使ったこと在るので
ある程度は問題ないかもしれません。
ただ、注意するに越したことは無いでしょう。
さて、音質についてですが結構中高音に特色のある印象でした。
ボーカルなど自然な印象がありながらも高音もスッキリ。
その一方でBGらしさが出たのか低音がややゴリゴリと、
しかし冒頭で述べたとおり中高音に特色があり低音の押し出しが強いわけでも無いため
心地の良い・バランスの良い状態となっております。
解像度などはトラペジウムと同等ぐらい…わずかに低いぐらい…
糞耳過ぎて申し訳ないですが基板を買って自分で作れる方になら
非常にコスパの高いものであると言うことならば出来ます。
と簡単なレビューはこれにて。
本来だったらBGのFKかSTD辺りを使ってみたかったのですが
PKでも面白い結果が出たと思っています。
ちなみに今回220μFのPKを10個購入しましたが
4vとか少し扱いにくそうな電圧だったためか760円程度で
購入が出来ました。安いw
他、言い訳程度にフィルムコンの部分のハンダが汚い。
これの理由ですけど純正以外にもビスパのフィルムコン、EROのフィルムコンを
試したためでありますw
ただ、今回の構成だと純正のフィルムコンが一番良かったので無駄足を踏む形となりましたw
ただ、劇的とまではいいませんが意外と音が変わるため
細かい調整に必要不可欠であると実感した次第です。
もし、トランジスタ、電解コン、フィルムコン、抵抗とオリジナルの構成でつくってみようと
思う方がいらっしゃれば参考にしていただければ幸いです。
雑書きになってしまいましたが今回はこれにて。
また気が向いたら10miniの記事を書くなり新しいのを丁寧に作るなりしますw

Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on Facebook
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)