SHURE SE535

今回初めてオーディオ関連の記事を書かせていただくので
至らぬ点があるかもしれませんがよろしくお願いします!
 ちなみに管理人の持ち物&スペックですが…
イヤホン・ヘッドホン:AD2000、Triple 10 fi(10PRO)、IE8、UE3st
アンプ:icon mobile,icon(強化電源アリ),fiio e5,AT-PHA10
備考:アキバ・御茶ノ水・中野エリアでヘッドホンの視聴を定期的にする程度

フジヤのヘッドホン祭りの参加経験は2回
高校生で財布に余裕はないですが、
自分の知っている情報を上手いこと発信できればなと思います。
と、いう訳で今回はアキバのヨドバシで
SE535を視聴してきましたので
そちらの印象・感想を書かせていただきます。

SHURE 高遮音性イヤホン メタリックブロンズ SE535-V-JSHURE 高遮音性イヤホン メタリックブロンズ SE535-V-J
(2010/08/10)
SHURE

商品詳細を見る

では、レビューに行こうと思いますが注意すべき点があります…

アキバのヨドバシでの視聴でしたが周りがうるさかったりしたので、
あまり突っ込んだことは書けてないかと思います。
いい加減なことは書けないので
そのあたりだけはご了承ください(SHUREのイヤホン相手に勝負でした…店の騒音w)

まずビックリした点はイヤホンを手に取った時に、
イヤホンの付け根がクルクル回る点です。
MMCXコネクタというコネクタを使っているみたいで、
丸い形状のプラグなので回るみたいです。

グルグル回るのはいいんですけど
装着には苦労しました…
ケーブルは耳のあたりのところに
針金がついていていて、
その針金を
自分の耳の形に合わせて変形させようとするんですけど
コネクタの部分がクルクルと回るので大変でした…そこは慣れですね。
ケーブルも堅い印象がありますけど、
リケーブルができるので問題ないかと。

次に聞いてみた感想。

管理人はアニメヲタなのでアニソン中心に視聴していきました。
視聴環境ですが、
iPodclassic→iQable Silvercab-Pro-Line→icon mobile/D2+Hj Boa
と…まぁ貧弱ですけどこれもご愛嬌ということで。
 まずは高音ですけれども、
金属音やシンセの音などとても繊細に表現しているように思います。
 SE530と比べて高音に鋭さがでて(高音の丸みが抑えられたの方が正しいかな)
今までのSE530とは違うクリアさを得たように思えます。

モニター的用途で見てもより、モニター向けになったのではないかと思います。
低音ですが10PROやSE530と比べて
量はやや少なくなっています
ですが、
重量感もずっしりあり、低音にしっかりと形があり、
深みもありと…量は減ったものの質は高いものだと断言できます。

中音は3スタをクリアにしたような感じで、
存在感は大きいように思えます。

存在感が大きいといっても高音は低音・中音につぶされることもなく、
金属音・シンセなどの音をしっかりと鳴らしています。
SE530と比べ全体的にスッキリ目な音になり、
SE535よりも万能な優等生になったのではないかと思います。
SHURE社のフラグシップモデルとして新登場した
SE535ですがフラグシップの名に恥じない性能のように思えます。
 値段の方も50,000円と高いように思えますけど、
余裕があれば押さえておきたいなぁ…と、
思わされてしまいました…w
スパイラルから抜けたい方は是非ですね。
 10proとかse530でスパイラルから抜けられなかった人は…
良く考えたうえでご購入を…w
カスタムIEMという選択肢もありますから…w
では、駄文になってしまいましたけど、
今回はこれにてです。

Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on Facebook
Pocket

One Thought on “SHURE SE535

  1. ちょちょ on 2010年8月29日 at 8:50 AM said:

    SECRET: 0
    PASS:
     良いものをお持ちですね!
     それにヘッドフォンアンプまでお持ちとは。なかなかコダワってますね。
     アキバって、視聴環境(モノが展示されている)って言う点で有利ですよね。マニア向けの小さなお店なら自分で持ち込んだソースでも試させてくれそうですし。
     私もオーディオに凝った時期がありましたが、やっぱりおサイフや住環境に見合ったモノってなると本当に良いものを手にするのは厳しいな~と言うのが実情で、あとソースによっての向き不向きとかでハードを使い分けるってのが難しいというのを感じました。
     あと、デジタルアンプが最近台頭してきたのですが、これは素晴らしい原音再現性ゆえに、今度は逆にソースの質の悪さに頭を悩ませるようになってしまい。。。(^_^;)
     なので今は音質はあまり拘らず、使い勝手等のユーティリティの善し悪しで選択するようになっちゃいましたね(^^ゞ
     スピーカーでもイヤホンでもエージングで音の鳴り方ってのが変わってくると思うので、買ってから育てる楽しみってのもありますよね。
     あと、時代に逆行しているかも知れませんが、真空管のアンプを通した音も味わいがあって好きですよ。
     何か支離滅裂なコメになってしもた。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Post Navigation