【AL-APOLLO レビュー】NOBLE AUDIO Kaiser10 #05

執筆者:大和 様
使用機種:Noble Audio Kaiser10
仕様:赤、3.5mmシングルエンド、2pin

◆レビュー
K10純正ケーブルだと、曲により低域が暴れる感がありました。

AL-APOLLOにリケーブルした結果、低域のふくよかさは損なわれずに程よく締まった感じになりました。
高域の煌びやかさも向上しております。

ですが、個人的にK10へのリケーブルで一番特筆すべき点は分離と定位感の向上だと思います。
例えばドラムのフレーズを聴いた時、
特にハイハット、ライドシンバルの音の存在感には思わずニヤリとしてしまいました。
露骨な主張はせずに存在感が増しています。

ケーブルの取り回しに関してですが、純正ケーブルと比べればどうしても若干取り回しは悪くなりますが不都合は感じません。

◆管理人よりコメント
貴重なレビューありがとうございます。Kaiser10は多ドラな中でも多い方ですが
品質も音も安定しておりケーブルの差が出やすいかと思われます。
情報量や定位でK10は極めて高い性能を持ちますが、
その機種で露骨な主張がないという点では他の機種でも安定して使える、
コンセプト通りの仕上がりになっているのではないかと個人的には考えております。

取り回しは若干クセがつくため純正品と比較するとウィークポイントであるかと思います。
一方で柔らかすぎないため絡まない点ではメリットがあります。
現状では一長一短ですが、APOLLOよりもう少し柔らかいものを固さの理想点として
今後の製作にも活かしていきたいです。

Bookmark this on BuzzURL
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on Facebook
Pocket